RSS | ATOM | SEARCH
ファイアボール

もう有名かもしれませんが、最近我が家で大人気なのが「ファイアボール」。
ディズニーチャンネルでやっていた各話二分全13話の3Dアニメ。これはちょっとすごいセンスです。
まだ観ていない方はぜひどうぞ!

http://www.youtube.com/watch?v=AaUuU7NSAPA&NR=1
author:南田操, category:TVアニメ/特撮語り, 22:15
comments(0), -
宇宙戦艦ヤマト2
最近、すごいTVCMをやっているのですね。
全然知らなかったですけど、これはもうカンドーものです。

ぜひ、どうぞ!

http://www.cryamato2.com/#/tvcm
author:南田操, category:TVアニメ/特撮語り, 21:15
comments(0), -
宇宙空母ギャラクティカ
お恥ずかしい限りだが、懐かしいこの作品のリメイクにはとんと気づいていなかった。先日あるムック雑誌で特集され、「バトルスターギャラクティカ」としてもう第4シーズンに突入とのことだそうだ。
旧作は、はっきりいって構想は素晴らしいけどネ・・・、まあご愛嬌! というカンジだったのですが、それだけで捨ててしまうにはあまりに惜しい作品世界観と、どうでもいいけどあまりに楽しそうなアポロとスターバックという名コンビが印象的だったのです。愛を注げば充分な大傑作になりうる作品だったと思います。だからこそリメイクもされたのでしょうから!

で、このリメイク。設定を見て一番ぶっ飛んだのは、あのスターバック中尉が、女性になっていたことです。
アポロの弟(故人)の恋人だったという設定だそうです。
残念ながら見る機会を得ていませんが、一度是非見てみたい作品です。
author:南田操, category:TVアニメ/特撮語り, 21:16
comments(0), -
六羽のかもめ
先日、富沢さんから、ケーブルで「ぶらり信兵衛 道場破り」をやっているという話を聞いて、高橋英樹繋がりで「六羽のかもめ」を思い出しました。
74年10月〜75年3月のオンエアで、あの倉本聡が脚本でした。
倉本聡コレクション5(理論社)に12本のシナリオが収録されていますが、女優犬山モエ子率いる劇団かもめ座は、一時は200人を超える大劇団だったが、分裂に分裂を重ね今や6名。彼らが「かもめマンション」で共同生活を営みつつ生活の安定のためにテレビ出演で食いつないでいるというのが基本設定。唯一の二杯目俳優が高橋英樹で、子供番組「ウルトラ・ボニータ」の主役である。アイドルで高卒の新人女優西田ひろみを初々しい栗田ひろみが演じ、密かにファンしてました。劇団員行きつけの喫茶店「ミネ」のマスターがディック・ミネ。彼は「昔、何処そこにいた女がね〜」というのが口癖。素人っぽい演技でした。出色は、テレビ局の制作部長の中条静夫。頭を掻きながら「困っちゃうんだよね〜〜」が口癖。これはハマってましたし、友人の間ではやってました。
犬山モエ子は淡島千景、マネージャー役が加東大介、座付き作家が長門裕之その妻かおりに夏純子と豪華メンバー。現代劇で人情の機微を丁寧に描きながら、全編にユーモアを散りばめた作風は見事でした。
テーマソングは加藤登紀子。これも名曲でしたね。
author:南田操, category:-, 00:51
comments(0), -
護衛艦試乗
知り合いの紹介で護衛艦「はたかぜ」の試乗会に参加させてもらえました。約5000トンのミサイル護衛艦です。イージスに次ぐ防空戦力を持つ船だそうです。晴海埠頭から約1時間半の東京湾周航で、その間、対空ミサイルや対潜ミサイルの発射態勢を見せてくれる武器操法やラッパ吹奏など、いろいろイベントもありました。全体で2百人くらいが乗り込み子供も多かったです。
ブリッシの中で参観でき、操船の様子も堪能させていただきました。
船自体は昭和61年の周航と結構年季が入っていましたが、よく整備され快適な90分でした。
自衛官のみなさんも大変ホスピタリティ溢れ、イベントとしても手慣れた感がありました。なかなか見る機会も無いだけにちょっとした取材気分で楽しませていただきました。
author:南田操, category:お仕事(アニメコミック等), 20:54
comments(0), -