RSS | ATOM | SEARCH
げんしけん 第8巻
連載が6月に終わって以来、久々に心待ちにしたコミックス発売日。ようやく今日「げんしけん」第8巻をゲット。いやぁ〜〜イイ! 実にイイ!!
ホント、ここ十年をみても、この作品ほど、僕の「トラウマ・スイッチ」に迫ってくる作品はないのです。
実際の若き日との類似点があるかといわれると、それほどでもないのですが、そこに醸し出された「雰囲気」の普遍性に、「トラウマ・スイッチ」全開状態になってしまうのでした。

その意味では、一番愛すべきキャラは、やはり斑目なんだと思います。彼を通して、世界が造形されているわけでもアリ、この居心地のよい世界の造り主でもあるのですから。

ああ、何もかもみな懐かしい・・・。
そして少年はオトナになる・・・。

最終巻12月発売は、ちょっと殺生です。
なんかBBSみたいでスミマセン。でも、ちょっと聞いてもらいたかったもので・・・。

author:南田操, category:映画/本/漫画語り, 23:02
comments(0), -
Comment