RSS | ATOM | SEARCH
アナンシの血脈
随分おひさしぶりの投稿になってしまいましたが、久しぶりにちょっと楽しい作品に出会えたのでご紹介です。
「アナンシの血脈」ニール ゲイマン 作で、角川書店の上下巻。結構楽しく軽く読めます。が、なにより皆さんにお薦めする理由は、作者がまぎれもない「モンティパイソン」ファンだから。なにせ下巻59ページの最後には、ヒッチコックばり(?)の鳥たちの強襲シーンが描かれているのですが、その描写には「・・・鳥たちは、モンティパイソンの映画に出てくるキラーラビットのようなルビー色の目をして・・・」とあるではありませんか!
そう! 「ホーリーグレイル」の「恐怖の人食いウサギ」なのですから!!
(ちなみにイギリスの幻想文学大賞受賞作だそうです。)モンティほどの切れはありませんが、モンティ映画のオマージュだと思って読むと、もっともっと楽しめて納得しちゃいますよ。

おっと、肝心の中身の紹介がまだでしたね。まあ、これだけで充分かもしれませんがポイントをいくつか。

主人公のファット・チャーリーは世にもツイていない青年ですが、その父親の葬儀の日、近所のオバサンから「お父さんは神様だった」と告げられます。アフリカのクモの神様アナンシの末裔で、神様なのでなんでも喋ったとおりになるという「言霊」が使えたのです。たとえば、お父さんがファットと言ったとたんこの不幸な息子はだれからもファット・チャーリーと呼ばれるようになってしまいました・・・。もちろん他にも奇跡を呼ぶ能力を持っていて、生計はお金がなくなると宝くじを買って、賞金を貰う生活だったようです。
そして、近所のオバサンには、彼に双子の全然似てない兄弟がいたことも教えられます。
どうやったら会えるのか? と聞くと「クモに頼んだら伝えてくれるわよ」と。そしてある日、助けたクモを放すとき、ほんの悪戯心で頼んだら・・・。お父さん譲りのチカラを持った兄弟の出現で巻き起こる大騒動!

主演はグレアム・チャップマン。お兄さんはマイケル・ペリン、お父さんはエリック・アイドル(もちろん近所のオバサン、フィアンセのお母さん役等で多数出演予定)、悪い上司役はジョン・グリースかな?
ご一読の向きはぜひ、キャスティングのご意見をお願いします。
author:南田操, category:映画/本/漫画語り, 23:38
comments(0), -
Comment